少量に注意

気がつかない水道水漏れにこそ注意

大量の水漏れは一時に大量に水が放出され、室内を水浸しにするでしょう。被害が短期間に拡大するため、まず水漏れに気づかないと言うことはありません。そして現代の便利な水道修理サービスなら迅速な対応ができるため、その危険性は少ないと言って良いでしょう。しかし、そこで暮らしている住人が全く気づかないほど少量の水漏れは、気づかないためそのまま放置され、修理されることはありません。そして、その少量の水漏れは場所によってはどんどん水たまりを作り、やがてその水が時間と共に腐ってしまいます。人が暮らす生活環境に腐った水があるだけで、様々な被害が及ぼされることになるのです。

水漏れはまず漏れた水を拭き取る

漏れる水量の大小にかかわらず、水道水漏れの際に最優先にしなければならないのは、周囲にできた水たまりなど水を綺麗に拭き取り乾燥させることです。水道水漏れの際に真っ先に水道の元栓を閉めるのも、水道料金の節約よりもまずそれ以上周囲をぬらさないという意味の方が大きいのです。日本の伝統である木造住宅は濡れたまま放置すればそれだけ木材が傷みますし、そうでなくても濡れたまま放置することでカビや害虫などが発生する温床となります。水道料金などいくら余分にかかっても、結局は料金を負担すれば良いだけですが、害虫やカビなど腐った水による住環境被害や健康被害などは、住人の健康に直接関わるのです。水道水漏れが発生した場合、水道料金や修理料金よりもまず衛生を維持するために真っ先に濡れた周囲から水分を拭き取り、乾燥させることを考えましょう。